フィンペ初心者必見!AGA治療をはじめる前に知っておきたいフィンペシアの通販

フィンペシアを指差す男性

格安AGA治療薬・フィンペシアは海外から通販する

フィンペシアは、日本国内では病院も通販も販売を行っていません。海外医薬品の通販(個人輸入代行)サイトから購入できます。

フィンペシアはAmazonや楽天では販売していない

Amazonや楽天には多種多様な商品が販売されています。しかし、フィンペシアは販売されていません。

ネット通販サイトで購入できない理由は、フィンペシアには医療用の成分・フィナステリドが配合されているためです。フィナステリドは、医師の診察や検査が必要な処方薬に指定されています。そのため、一般的には薬剤師が在籍する薬局や調剤薬局でなければ販売できません。

そのため、通販の場合は、医師の診察や薬剤師からの説明を受けることもできないので、Amazonや楽天では販売できないのです。これは、薬機法で定められています。薬機法の観点から、Amazonや楽天などでは、フィンペシアを販売できないのです。

薬剤師が在籍しているなら、街中のドラッグストアであれば、フィンペシアを購入できると思うかもしれません。しかし、一般的な薬局やドラッグストアでも、同様の理由で販売できません。

フィンペシアは、ドラッグストアやネット通販で手軽に購入できない医薬品です。

フィンペシアは病院でも処方していない

フィンペシアは、病院やAGA治療専門のクリニックでも処方されません。

ドラッグストアやネット通販で手に入らないなら、病院であれば処方されると考えがちです。しかし、国内の医療機関でAGA治療を受けても、原則、フィンペシアは処方されません。先発品のプロペシアが処方されるのです。

フィンペシアを処方してもらえない理由は、製品製造メーカー・インドのCipla社が直接販売する正規ルートが、国内にないためです。フィンペシアを本物と断定できないため、健康被害が出る恐れがあります。

薬監証明書を出し、本物であると証明するクリニックもあります。しかし、薬監証明書は本物であると証明するために存在するのではないので、注意しましょう。

危険性のある偽物を処方する可能性があるなら、病院の皮膚科で手に入れられないのも当然です。そのため、病院の皮膚科では、厚生労働省の認可を受けたプロペシアが使用されています。

フィンペシアは海外医薬品の通販サイトから購入できる

フィンペシアを手に入れられるのは、海外医薬品の通販(個人輸入代行)サイトです。

通販サイトでは、製造元のインドのCipla社からフィンペシアを直接仕入れて配送してくれます。個人が使用する目的で医薬品を海外から輸入するなら、法律に違反しないので安心して利用できるのです。

しかし注意しておきたいのは、偽物を購入する可能性です。悪質な通販サイトを利用すると、製造メーカーから直接仕入れず発送する恐れがあります。偽物は、フィンペシアが持つAGAの改善は期待できず、健康に悪影響が出る可能性もあります。

さらに悪質になると、料金だけ受け取り、商品を発送しないといった詐欺行為も行われる可能性があります。利用サイトは、信頼性の高さで選ぶようにしましょう。

信用性の高いサイトなら、正規品のフィンペシアを海外から確実に届けてくれます。

個人輸入代行サイト経由で手に入れる方法は、一般的な通販サイトの購入方法と変わりません。サイトの商品ページで、欲しい商品をカートに入れて必要な情報を入力注文を確定するだけです。あとは、配送業者が指定の場所まで届けてくれます。

税関などの手続きもすべてサイト側が代行してくれます。個人輸入が初めての人でも、通販と同じ感覚で利用できるでしょう。

フィンペシアを個人輸入で買うメリット・デメリット

わたしたちの代わりに、現地の医薬品サプライヤーとの間に入って、個人輸入の手続きを仲介してくれる通販(個人輸入代行)サイト。多くが海外に拠点を置く会社ですが、サイト上でのやり取りはすべて日本語が使えます。 オオサカ堂やあんしん通販マートなど、主要サイトのフィンペシアの価格もあわせて紹介します。

フィンペシアは海外から取り寄せる

フィンペシアは、インド製のプロペシアジェネリックで、日本では販売されていません。

厚生労働省が認可していないため、日本では販売できないのです。インドで販売できる理由は、インドに国際特許というものが存在しないからです。インドの国内法の観点から、ジェネリック医薬品を作って良いとされていました。

これらの理由フィンペシアは、国内のドラッグストアや通販から購入することはできません。そこで、海外経由で取り寄せできる個人輸入代行サイトを活用しましょう。

個人輸入で取り寄せする場合は現地語でやり取りする必要がありますが、代行サイトなら日本語でやり取りできます。一般的なネット通販から購入するのと同じ感覚で取り寄せできるので迷うことはないでしょう。安く購入したい方は、まとめ買いがおすすめです。中には、50%以上安くなるサイトもあります。

プライバシーを重視したい方は、梱包をしっかりと行って中身が見えないように配送してくれる業者を選ぶことです。薄毛治療のことは、周囲に知られたくないという方がほとんどです。そのため、無地のダンボールで配送してくれるなど、プライバシーを重視してくれる個人輸入代行会社を活用しましょう。

プロペシアの服用経験のない人は、一度クリニックから処方を受けておくのが好ましいでしょう。体質的に服用できない人が一部にいるためです。

個人輸入は低価格、反面すぐに届かない

個人輸入を利用する最大のメリットは価格が安いことで、正規品は高いという方におすすめです。

プロペシア自体は決して高い薬ではありません。しかし、薄毛治療は長期的に行うので、継続的に費用を捻出していく必要があります。効果を実感するまで3か月から6か月以上かかるのです。

また、実感できた後も飲み続ける必要があります。そのため、少しでも安く購入したいと思うのは当然でしょう。個人輸入は、まとめ買いができるので、一度に大量購入したい人や、価格を抑えたい人などにおすすめです。

個人輸入のデメリットは、一定数の偽物が存在することです。サイトの写真を見るだけで、本物か偽物か判別するのは難しいでしょう。偽物は、有害な成分が含まれている可能性があるので、危険です。個人輸入は、完全なる自己責任による取引になります。偽薬を購入してしまっても、文句は言えません。

他には、即日で入手できない点もデメリットです。すぐに服用したい人にとって不都合があります。海外から取り寄せするので、国内の通販サイトを利用するよりも日数がかかるのです。これらの問題は、正規品保証をしている会社を利用することにより、解消できます。

フィンペシアを取り扱う通販サイト紹介

フィンペシアを購入できる個人輸入代行サイトは数多くあります。大手は全般的におすすめで、正規品の取り扱いをしているのが特徴です。

あんしん通販では、1mg100錠で3,980円で販売しています。2箱セットは6,567円、3箱セットは9,015円です。ココロ薬局は、1mg100錠で4,250円、2箱セットは8,000円、3箱セットは10,800円となっています。オオサカ堂は、1mg100錠で2957円、2箱セットは5,183円です。お薬ラボは90錠で3,850円、150錠は6,080円、300錠は10,800円となります。これらの個人輸入代行サイトでは、オオサカ堂が最も安くなっています。

個人輸入サイトで、フィンペシアを購入するなら、注文するたびに料金の比較をしておきましょう。割引率やポイント還元率が変わっている可能性があります。今回記載した最安値の会社が、次回も同じとは限りません。

また、利用する会社をある程度絞っておき、毎回同じ会社から購入することが大切です。個人輸入には偽物が出回っていますので、正規品保証をしている会社から購入するのがおすすめです。大手サイトであれば、偽物に遭遇することはないでしょう。

正規品のフィンペシアを入手する方法

フィンペシアを通販する上で気をつけなければならないのが、フィンペシアの偽物の存在です。万が一、偽物や粗悪品を利用してしまった場合は、AGA治療どころか身体を壊す原因になります。 運営歴が長い、信頼が置けるサイトを選んで利用しましょう。

フィンペシアには偽物はある?

フィンペシアは、プロペシアの後発品で、AGA治療薬として広く使われています。

フィンペシアは、インドの製薬会社Cipla社が製造販売しているものです。しかし、日本のAGA治療を行ってるクリニックでは取り扱われていません。理由としては日本では未承認であるためです。また、特許の問題でジェネリックではなく、コピー品という扱いになります。

しかし、フィンペシアは、その価格の安さから、個人輸入代行サイトで広く売られています。長期的な服用が強いられるAGA治療薬では、コストカットとなるので、広く愛用されているのです。フィンペシアは、個人輸入代行サイトで気軽に購入できます。

気をつけなければならないのが、偽物の存在です。日本では医薬品の流通が整っているので偽物が混ざるということは、極めて稀なケースです。しかし、海外では本物に似せた偽物が販売されており、それが紛れ込むことがあります。

偽物の薬品は、本物と同じ様に作られているものから、粗いものまで、さまざまです。また、成分が少しだけ入っているといったケースもあれば、まったく入っていないケースがあります。

さらには、人体に有害な物質が使われているといったこともあるのです。このようなものを利用すると、AGA治療どころか身体を壊す原因になります。

フィンペシアの偽物の見分け方は?

日本では、市販薬はしっかりとパッケージがされています。また、処方せん薬は、薬剤師が確認した上で、わたしたちの手に届きます。そのため、安心して薬を利用することができます。海外からの個人輸入の場合には、それが本物であるか使用する前にチェックする必要があるのです。

チェックの方法としては、正規品の特徴を確かめることです。実際に、偽物が多く出回っているので、パッケージのロゴなどのから、本物と偽物を見分ける必要があります。正規品の画像は、インターネット上で公開されているので、それらと見比べてみましょう。

悪質なサイトの中には、本物のパッケージを商品画像として使用し、偽物を送ってくる可能性もあります。実物を確認し、最低限の注意は払う必要があるのです。

通販サイトでは成分調査を定期的に行っているところもあります。そういったサイトは、ある程度は信頼できるでしょう。

もう1つチェック方法は、販売価格です。個人輸入代行サイトでもさまざまな値段でフィンペシアが売られています。しかし、安すぎる場合には注意が必要です。

フィンペシアの相場は、30錠入り箱で2,000円から3,000円程度です。先発薬のプロペシアが7,000円から10,000円程度であることを考えれば、遥かに安いのです。しかし、相場よりも安い場合、偽薬である可能性も考えられます。

フィンペシアの購入は主要な通販サイトで!

フィンペシアを個人輸入で購入する場合には、信頼できる個人輸入代行サイトを選ぶことが重要です。

薬の個人輸入代行サイトは、建前として依頼者の依頼を受けて商品を代理で購入して日本に発送してくれるというものです。そのため、品質に関しては保証していません。成分の分析にしても信頼できるものであるか、確認することが重要です。

信頼性の高い個人輸入代行サイトとしては、アイドラッグストアーやあんしん通販、オオサカ堂やお薬ラボ、Jisaなどが知られます。特に、アイドラッグは日本法人という個人輸入代行サイトとしては珍しい存在です。

他のサイトは、海外を拠点としています。しかし、日本語のできるスタッフが在籍しているためサイトなどは日本の通販サイトと変わらない作りです。また、問い合わせも日本語で利用できます。特に長年にわたって営業しているところは、信用できると考えてよいでしょう。

他には、鑑定書の表記やクレジットカード決済、問い合わせ窓口の有無などで、信頼性が判断できます。一方で、気をつけたいところの特徴では、日本語の使い方がおかしいサイトなどです。

実際に気になることがあれば問い合わせてみて、ちゃんとした回答が得られるようであれば、安心できる個人輸入代行サイトと判断して良いでしょう。