フィンペシアの効果は男性型脱毛症の改善

公開日
2019年3月25日
更新日

フィンペシアの効果は男性型脱毛症の改善

フィンペシアは、男性型脱毛症を改善させます。

フィンペシアは、プロヘシアと同じ成分・フィナステリドが含まれる薬品です。フィンペシアがなぜ効果があるのかというと、AGA改善に有効なフィナステリドが入っているからです。フィナステリドは、AGAを引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えます。ジヒドロテストステロンを抑えることで、AGAの進行を止められるのです。

どの部位に効果があるのかというと、頭頂部と前頭部が特に高いです。頭頂部と前頭部は、ジヒドロテストステロンと結合をしやく、薄毛が進行しやすいと言われています。したがって、頭頂部と前頭部にはより良くフィンペシアの作用が発揮します。

頭皮環境を整えることは重要です。頭皮環境が整っていないと、毛母細胞を傷つけると治療が遅れたり、失敗します。いくらAGA治療薬を使っていても毛母細胞が弱っている状態だと成功しません。まずは、頭皮環境を整えることを第一に動いて、それからフィンペシアなどの治療薬を使いましょう。

頭皮環境が悪いと効果が出にくくなる可能性が高いので、毛母細胞を弱らせないようにするのです。治療薬をしっかり効かせるためにも、頭皮環境をよくすることがまずはじめに大事となります。

フィンペシアの薬理作用は5αリダクターゼの働きを阻害

フィンペシアは、5αリダクターゼの働きを阻害することで、AGAを改善させます。

フィンペシアは、AGA治療薬です。フィンペシアには、プロペシアと同じく、フィナステリドと呼ばれている成分が入っています。

AGEの原因は、男性ホルモンが変異したのがジヒドロテストステロンと呼ばれる成分です。ジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼとの結合によって生成されます。フィナステリドで、5αリダクターゼの働きを阻害する性質があるのです。

5αリダクターゼを阻害をしなければ、AGAは悪化してしまいます。5αリダクターゼは、男性ホルモンを強めてしまう効果があるので、薄毛の人の多くは人よりも強い傾向があります。主に、皮脂部分を好んでいる節があるので、皮脂が溜まりやすい場所に多いとされているのです。

したがって、脂っぽいという人はAGEになる確率も必然的に高まります。5gリグクターゼの動きを抑え、ジヒドロテストテロンに変換させなければ、AGAの進行を食い止められます。

現在AGAの人でも、少しでも抑えることができれば、徐々に良くなります。その成分を抑えるために必要なのがフィナステリドです。この成分を浸透させることによって、AGAの治療ができます。

フィンペシアが効果を発揮するジヒドロテストステロンは男性ホルモンが変異したもの

フィンペシアが効果を発揮するジヒドロテストステロンは、男性ホルモンが変異したものです。5αリダクターゼと結合することによって、薄毛や脱毛などに繋がります。これを抑えなければ、AGAの症状がよくなることはありません。

その効果を抑えてくれるのがフィナステリドです。フィナステリドは、フィンペシアに含まれている主な主成分になります。

5αリダクターゼには、実は2種類の型があるのが特徴です。

1つ目は1型5αリダクターゼで、側頭部や後頭部の皮脂腺に主にある酵素になります。皮脂部分にかなり多くいるので、ジヒドロテストステロンと結びつくと頭皮環境がかなり悪くなる傾向があります。

2つ目は2型5αリダクターゼで、前頭部や頭頂部の毛乳頭内で活動する酵素になります。毛乳頭は、毛細血管を通じて運ばれてくる栄養素をもとに、髪の毛を生成してくれます。こちらも結びつくことで動きが悪くなり髪が中々生えてこなくなります。

AGEはこれらの原因で起こります。もしくは、遺伝性が高いのでその遺伝子を持っている可能性が高いです。親もAGAの症状が出ているならば、アンドロゲンレセプターの感受性が高い可能性があります。