フィンペシアの正しい飲み方は毎日1錠服用

公開日
2019年3月25日
更新日

フィンペシアは1日1錠飲む!

フィンペシアの正しい飲み方は、毎日1錠服用することです。多く飲んだからと言って効果も高くなるわけではありません。フィンペシアは効果的なAGA治療薬です。しかし、日本では薬としては認められていません。

フィンペシアは、有効成分のフィナステリドは、ジヒドロテストロンの生成を阻害します。ジヒドロテストロンは、抜け毛の原因となるものです。

抜け毛を防ぐには、ジヒドロテストロンの生成をブロックし続ける必要があります。この働きを保つためには、決められた用量を同じ時間にコンスタントに摂取することです。

フィンペシアの用量は、1日1錠です。飲みすぎたところで効果は上がらず、副作用が出てくる可能性もあります。したがって、適切で最も効果的な成分量を続けて摂取することこそが、一番の近道になります。

フィナステリドは、摂取してから吸収されて、大体24時間程度で働きが消失します。そのため、1日1回の同じ時間に摂取すると、効果が切れることなく働き続きます。

AGAの改善には、フィナステリドを体内に持ち続けることです。そのため、継続的に利用することも効果実感には大きなポイントになります。
1回飲んだだけでは変化は出ないので、毎日服用を続けましょう。

フィンペシアはいつ飲んでも問題なし!飲み忘れたら1錠だけ飲む

飲む時間帯で効果に差があるのでしょうか。結果から言うと、効果が発揮される特定の時間帯というはありません。何時に飲んでも体の中での吸収や働きは同じです。

最も大切なことは、飲み忘れないことを第一として飲みやすい時間を選ぶと良いでしょう。自分で管理しやすい時間設定をすれば飲み忘れをなくせます。フィナステリドを体内に保ち続ける意味でもおすすめです。

飲み忘れてしまったとしても、焦る必要はありません。開いてしまった時間が数時間であれば、気づいたときに、1錠飲みましょう。また、24時間以上経っていたとしても、その時に1錠飲むだけに留めましょう。

24時間以上開いてしまったからと言って、昨日の分と今日の分を併せて2錠を飲む必要はありません。フィンペシアは、1日1錠が上限です。24時間以内に1錠しか摂取してはいけません。

忘れたからと言ってに、飲めるのは1錠だけなのです。多く飲んでも、効果は変わりません。むしろ、体に副作用が出てしまう恐れもあります。摂取していないと気づいたら、1錠だけを摂取しましょう。

フィンペシアは予防で服用しても意味なし!

フィンペシアはAGAの治療薬です。
症状が出てから、利用することを前提に開発されています。他の一般的な薬、例えば風邪薬でも風邪がはやる季節だからと言って健康なのに飲みません。同じように、フィンペシアも予防薬として摂取することはお勧めできません。

フィンペシアは、AGAの進行を遅らせる働きを持ちます。しかし、AGAの症状がない場合は、フィナステリドを服用しても、予防にはなりません。
つまり、予防の働きがないのに、薬剤を摂取していることになります。むしろ、副作用だけが出てしまうリスクもあります。

予防として行うなら、シャンプーなどのケアや、食事や睡眠などの生活習慣を見直す方が良いでしょう。特に、まだ症状が出ていない時には、フィンペシアを使う必要がありません。あくまでも、フィンペシアは、過剰なジヒドロテストロンの生成をブロックします。

健康な頭皮状態でこの作用を働かせると、ヘアサイクルを乱す可能性も否定できません。抜け毛が多くなってきたり、ボリュームがかなり減ってきたりした場合、飲むようにしましょう。